低用量ピルのホルモン分泌が起こることによるメリット

低用量ピルを服用することは妊娠を避けるだけではなく、さまざまなメリットがあります。
そのメリットですが、月経を改善したり、ホルモンバランスを良くしたり、病気を予防したりと色々あります。
さまざまある低用量ピルのメリットは服用することによって女性ホルモンの分泌を増やすことで実現しているのです。

一般的にピルを使用した起こるメリットは月経痛の軽減、月経血量を抑えることによる貧血の改善、月経不順の改善、子宮内膜症の予防、月経前症候群の予防、更年期障害の予防、骨粗鬆症の予防、ニキビの改善、卵巣がんの予防、子宮外妊娠の減少といった恩恵があります。
どれもがホルモンの分泌が増加したことにより起こるメリットですが、その中でも低用量ピルの服用に注目してみましょう。

低用量ピルは先ほどの多くあるメリットの恩恵も受けられることから避妊の目的以外にも服用する人は少なからずいます。
例えば月経痛で痛くて仕事が捗らない、大事な試験の日と重なったから、ニキビや肌荒れをどうしても改善させたいといった理由から低用量ピルを服用する方がいます。
何故、低用量ピルなのかと言いますと、一般的なピルよりも容量が少ないのでデメリットである副作用があまり起こらないからです。
ホルモン量の多いピルだと心筋梗塞などの副作用が起こる可能性が高いのですが、低用量ピルですので多量にホルモンを摂取することなくホルモンの分泌量を増加させることでホルモンバランスを整えて、体調を良くしてくれるメリットがあるのです。
ですから以前では乳がんになるリスクが高いと言われていましたが、現在では低用量ピルが主流となり乳がんが副作用として発生したという報告は少なくなっています。