低用量ピルは病院と通販どちらが安い?

低用量ピルは、日本国内では市販されておらず、通常は病院で処方してもらって購入します。通販の低用量ピルは、海外のもので、個人輸入代行による購入です。
海外からの取り寄せには、いろいろな手続きが必要ですが、個人輸入代行サイトを利用すれば、通販サイトと同様に手軽に購入することができます。
価格については、病院で購入する場合には、1ヶ月分で2000~3000円程度で、処方料がかかります。初診の場合には、2000円程度の初診料も必要になります。
病院によっては検査を行うこともあり、その場合には検査費用がかかります。
病院によって価格は異なりますが、初診で1ヶ月分を処方してもらうと7000~9000円程度が一般的です。
個人輸入代行サイトでは、低用量ピル1ヶ月分で1500円~2000円前後です。
低用量ピル自体の価格の差は少ないのですが、病院の場合には処方料もプラスされるため、長期間利用するなら、通販がお得になります。
ただし、月経困難症や子宮内膜症の治療で低用量ピルを使用する場合には、健康保険が適用されます。通販を利用せずに病院で処方してもらって購入するとよいでしょう。
避妊のために使用する場合には、継続して飲み続ける必要があります。
通販での購入は、海外からの輸入になるため、手元に届くまで時間がかかることを理解して、余裕を持って注文しましょう。
また、正規品を取り扱っている信頼できる業者から購入するようにしてください。
喫煙習慣があったり、高齢や肥満の人は、低用量ピルによって血栓症のリスクが高くなるため、病院での指導が必要です。
その他、健康に問題がある場合には、自己判断は避けて、医師に相談してから利用することをおすすめします。